印刷物作成に役立つ「文字サイズ見本」のダウンロード

ある日のこと、いつものようにデザイン制作をしていたところ、

突如私の身に「フォントサイズ感覚の麻痺」というデザイン生命に関わる異常事態が起きました💥💥💥

それをもたらした犯人は…「A0」!!

これまでに経験したことのないビックサイズの用紙に、私の目は欺かれていたのです。

Reika

フォントサイズ感覚が全くわがんね!!

印刷での確認を思いつきましたが、A0サイズなんて私のプリンタで印刷できるはずがありません。くぅー!!

そこで、大きいフォントサイズも確認できる「文字サイズ見本」を作ることに。

最大250ptまで確認可能な「文字サイズ見本」は、作業を効率化させ、私を救ってくれたのでした…✨😭

今回は、その「文字サイズ見本」をせっかくなのでこちらで配布し、内容と注意事項について説明します。

文字サイズ見本のダウンロード

地味な内容ではありますが…きっと印刷物作成のお役に立てるはずです!

使ってみたい!という方はこちらのボタンからどうぞ!PDFが開きます。

文字サイズ見本のダウンロード(3.56MB)

Reika

要らないかもしれないけど、「線幅サイズ見本」と「用紙サイズ一覧」のおまけ付き♡

利用規約

  • 改変OK
    • ご自分の使い易いように自由に改変してもらってOKです
  • 譲渡・再配布OK
    • 印刷物やデータを友人に配るのも全く問題ないです
    • 改変したものの譲渡、再配布もOKです
  • クレジット表記は…
    • インターネット上で再配布する場合は、このブログへのリンクをお願いします(必須)
  • 使用報告は任意
    • 「ダウンロードしたよ!」「こんなふうに改造しました!」など、ブログのお問い合わせもしくはTwitterでお知らせくださると喜びます!

商用利用に関しては、用途的にしない(そんなクオリティじゃない…)と思うので、記載しませんでした。

不明点や改善点があれば、お気軽にお知らせください😊

contact お問い合わせ・リクエストBOX

文字サイズ見本の内容

「文字サイズ見本」の内容は以下の通りです。

  • ゴシック体の文字サイズ見本(5pt~250pt)
  • 明朝体の文字サイズ見本(5pt~250pt)
  • 線幅サイズ見本(0.1pt~10pt)
  • 用紙サイズ一覧

 

用紙サイズはA4。一般的な家庭用プリンタで印刷でき、クリアファイルにも入る大きさです。

文字サイズ見本1

広げて並べた様子。

 

文字の単位には、ポイント(pt)を使用しています。Qやmmではありませんのでご注意ください!

文字サイズ見本2

1pt=0.3528mm(DTPポイント)で作成しています。

 

各見本には、黒背景の上に文字あるいは線を載せたネガVerの見本も載せました。

文字サイズ見本3

文字色は、白背景の場合K100%。黒背景の場合、K0%です。 ちなみに黒背景はK100%。

文字サイズ見本4

線の色も同様で、白背景の場合、K100%。黒背景の場合、K0%です。

 

文字サイズ見本には、推奨フォントサイズも添えましたので、ぜひご参考ください。

  • 【6pt】多くの印刷所で推奨の最小サイズ
    • 印刷通販等でデータ入稿する場合に推奨されている値です。あくまで参考値のため、入稿する際は、各印刷やさんの入稿ガイドに従ってください。
    • 読みやすさを考えると、6.5pt以上が良さそうかなと個人的には思います!
  • 【10pt】40代向けの推奨最小サイズ
  • 【12pt】50代向け〃
  • 【14pt】60代向け〃
  • 【16pt】70代向け〃
  • 【19pt】80代向け〃

▽ 年齢別の最小文字サイズについては、こちらの記事でもまとめています。

eyecatch_20190428 その文字サイズ、適切ですか?年齢別の最小可読文字サイズまとめ

 

文字サイズ見本にはベーシックなフォントを使いましたが、Adobe IllustratorなどのDTPソフトを使えば、お好きなフォントに変更可能なつくりになっています。

使うフォントによって、大きさや幅、太さが異なるので、よく使うフォントで見本を1つ作っておくと安心です😇

文字サイズ見本5

テキストを選択した状態で、文字(フォント)の種類を変えるだけで、好きなフォントの見本が作れます。

 

用紙サイズ一覧には、A判・B判、封筒、名刺・カード、はがき(ポストカード)を載せています。

文字サイズ見本5

空欄も用意しましたので、載っていないサイズについては、ご自分で書き込みください…m(__)m

文字サイズ見本の注意点

プリンターや用紙、印刷の設定によっては、実際のフォントサイズで印刷できなかったり、文字がにじんで潰れてしまうことがあります。

そのため、以下の点に注意してみてください!

  • 原寸大(実際のサイズ)で印刷するように設定を行う
  • 用紙はA4サイズを使う
  • にじみにくい用紙を使う
  • 印刷後、ものさしでサイズを測る

印刷したフォントの大きさに誤差がないかを調べるには、1cmサイズのものさしの絵を測ってみてください。1cmぴったりであれば、文字サイズ見本として正しく印刷できています!

文字サイズ見本6

それより大きい or 小さい場合は、実際のサイズで印刷する設定になっているか見直したり、用紙がきちんとセットされているかを確認してみてください。

さいごに

さいごに

地味で簡易的なつくりの見本ではありますが、印刷物を作成される方は、ぜひ活用してみてください🌟

もし何かご意見(もっと文字サイズ大きいのがほしい、単位はQにしてくれー!、使いにくい等)がありましたら、お気軽にリクエストBOXTwitterでお知らせください!改良版を作成します~!

▼ 追記 2019/03/22 ▼

こちらのサイトで「ポイント定規」なるものが配布されていましたのでご紹介します!

参考 ポイント定規 を公開します。drumsoft / 100yenLABEL

定規なので、かさばらないですし、私の計算によるとですが…最大で768ptまでの目盛りが付いています。

ポイントのサイズ感をmmと比較しながら確認したい、という方にお勧めです。印刷のお供にどうぞ!

この記事で使用した素材

※素材を使用する際は、素材配布サイトの利用規約をよく読み、ルールを守って使用しましょう!

素材サイトの利用規約で最低限チェックすべき注意点5つ

何かお役に立つことができたでしょうか???
役に立った記事には、ぜひハートボタンのクリックにご協力ください (‘ω’)ノポチ