【本のご紹介】『かわいい色の本 デザインと言葉の配色ブック』

こんにちは、デザイナーのReikaです。

今回は、『かわいい色の本 デザインと言葉の配色ブック』という本をご紹介します。

この本を読む前まで、かわいい色というと、私は「ピンク」を思い浮かべていました。今思うと、安易な選び方していたなぁ…と反省です😅

みなさんはどんな色を思い浮かべるでしょうか?

私と同じだったら、ぜひともこの本を読んでみることをおすすめします。

どんな人に向いている本?

どんな人向けの本?

かわいい色=「ピンク色」としか思い浮かばないぜ!という人

チラシ・POP・Webサイトなどの販促物や、塗り絵・刺繍・アクセサリーなどのモノづくりに、かわいい要素を加えたい!という人

以下のキーワードのかわいい配色を色だけでなく、使用イメージと共に選びたいという人

#ガーリー #キュート #ロマンティック #スイート #フェミニン #ソフト #ハッピー #ベイビー #キャンディ #マカロン #ナチュラル #落ち着き #モード #ノスタルジック #シック #さわやか #オーガニック #アロマ #透明感 #メンズ #スポーティ #自然 #森 #ポップ #ネオポップ #元気 #キッズ #カラフル #ファンタジック #食 #陽気 #パーティ #お菓子  #カジュアル #ウェルネス #テラコッタ #ヘルシー #ヨガ #リラックス #ほのぼの #オーガニック #ビタミン #野菜 #コーヒー #ボタニカル #ボヘミアン #モダン #ラグジュアリー #情熱的 #謎めいた #まろやか #砂漠 #クラシック #エレガント #ゴージャス #パーティ #魔女 #セクシー #レトロ #ヴィンテージ #アメリカ #和風 #大正ロマン #粋 #北欧 #メキシカン #エキゾチック #春 #夏 #秋 #冬

この本を読む前に悩んでいたこと

悩んでいたこと

 

私は色の持つ感情効果や社会的な意味などを過去に勉強したことがあったので、単色を選ぶことは容易だったのですが、複数の色を組み合わせた配色となると…😓

センスが悪いのでしょうか、配色テクニック(補色や色相、トーンなど)を試してみても、なんかパッとしない、ありきたりな、何とも言えない微妙な配色になってしまうのでした。

ネット上では、配色パレットを紹介しているサイトや画像が存在します。その配色は素敵です。使えれば使いたいんです。

ですが、そういった配色サイトで自分のデザインの方向性にぴったりマッチする配色を探し出すのは難しい。時間もかかります。色味の調整も必要で、うまくいかないことも多いです。

そんなわけで、センスの良い配色が自分でできたらいいな…と長いこと思っていました。

この本の購入に至った決め手

デザインは問題解決すること

色探し(配色)の本をすでに1冊持っていたので、困った際はその本を見て決めていたのですが、たまたまデザインのテーマで「かわいい」を表現することになった時に、持っている本だとバリエーションが少ない、作例がちと古い。

ということで、他にも配色の本を探すことにしました。

そんな時に見つけたのが、今回の本『かわいい色の本 デザインと言葉の配色ブック』です。

中身を試し読みしてみたところ、テーマや作例が今時な印象だったのと、10色構成で、その10色の中から選べば誰でもかわいい配色になるように作られているとのことだったので、使い易そうと思い、買ってみることにしました!

読んでどうだった?

ためになったこと、ならなかったこと

私にとって、ためになったこと

2018年の8月に買ったのですが、これまで5度使用する機会がありました。かわいい系のデザインをする機会があまりなかったので、使用頻度はまだそこまで多くありませんが、使い心地は上々です☺

このブログのテーマカラーも、実はこの本の配色を参考にしています。

この本で良いなと思ったのは、配色テーマが細かいこと!

「かわいい」は一口にいっても、赤ちゃんのような愛らしいかわいさ、わんぱく坊主の元気なかわいさ、秋色の落ち着いたカラーリングのコートやブーツの組み合わせは大人のかわいさ、など様々です。

この本は「かわいい」に特化した配色本で、かわいいだけで全部で48テーマも収録されています。

自分の考えているかわいいのイメージを、豊富なキーワードや作例に当てはめて探すことができるので、時短になりますし、配色が苦手だった私でも、イメージにぴったりの色の組み合わせを見つけ出すことができています✨

もっと使用機会が増えればいいのに、と思うくらいです。笑

私にとって、ためにならなかったこと

今のところ、使っていて良くなかったことはありません。

向いていない点を挙げるとすれば、この本は「かわいい」配色の本なので、男性的な力強いイメージや、オフィスシーンなどのビスネス寄りの配色には不向きということでしょうか。

引き続き使い続けてみて、あれば追記します。

さいごに

さいごに

女性向けの商品やサービスのついて販促物や作品をつくる人は、ぜひ一度、目を通してみてはいかがでしょうか?😊

 

▼同シリーズで『きれい』版もあります!こちらも後日レビュー予定です✍

この記事で使用した素材

※素材を使用する際は、素材配布サイトの利用規約をよく読み、ルールを守って使用しましょう!

素材サイトの利用規約で最低限チェックすべき注意点5つ
よかった記事には、ぜひクリックをお願いします💓
ハートの数を参考にランキングを作りたいと思っているので、ご協力いただけたら幸いです。