これからデザインを勉強する人にお勧めの映画-パワーズオブテン

eyecatch_20190521

こんにちは、デザイナーのReikaです。

大学時代にデザインの何かの授業で観た映画に「Powers of Ten(パワーズオブテン)」というものがあるのですが、ふとまた観たくなって探したところ、YouTubeに公式動画がありましたのでブログでもご紹介します。

10分程度の短編映画なので、ぜひ息抜きに観てみてください☕

特に、デザインの勉強をはじめる方に観てもらえたら良いな、と思う内容です。

「Powers of Ten」を観てみよう

映画の概要

「Powers of Ten」は、1968年に作られた10分程度の短編映画。

デザインの勉強をされている方や、インテリア、家具好きの方なら「イームズチェア」でお馴染みの、イームズ夫妻による作品です。

タイトルにある“powers”とは、べき乗の意味で、直訳すると「10のべき乗」というタイトルになります。その内容は、世界を10秒ごとに10倍ずつ拡大(あるいは縮小)していくというもの。

古い映画ですが、1968年の技術でどうやって作ったんだ?!と思わせる内容で、あれから50年以上経った現代でも強烈なインパクトがあり、摩訶不思議な映像体験ができます😱

学校で教材として見せられた方も多いかと思いますので、一度は観たことがあるかもしれません。

「Powers of Ten」を観る

英語版と日本語版の2つを載せます!どちらも内容に大差はありません。

初見の方は、まずは日本語版を観るのがわかりやすいと思いますよ!

英語版

日本語版

さいごに

こういった映像が好きな方は、何度も見てしまう内容だと思います。

私自身、初めて観た時は正直、何のことやらわからなかったのですが、今もう一度改めて観てみると、ミクロな視点、マクロな視点、自分視点、他人視点など…デザインする際のスケール感や、物事を違った視点で見てみることも必要だよなぁ…なんて、考えさせられる内容でした。

今後も、息抜きに良さそうなデザイン関連の動画を取り上げていきたいと思いますので、たま~にブログをのぞきに来てくださいね☺

この記事で使用した素材

※素材を使用する際は、素材配布サイトの利用規約をよく読み、ルールを守って使用しましょう!

素材サイトの利用規約で最低限チェックすべき注意点5つ
よかった記事には、ぜひクリックをお願いします💓
ハートの数を参考にランキングを作りたいと思っているので、ご協力いただけたら幸いです。