有料ストックフォトサービスは登録すべき?無料との違いと選び方

3+

フリー転向したばかりでお金のない頃は、無料のストックフォトサービスを活用し何とかやってきた私(ものすごいケチ)なのですが、その当時、無料素材サイトで日本人の写真を探した際に、思い描いたイメージが見つからない事態が発生!!

写真の内容でデザインのイメージは大きく変わってしまうため、やむなく有料ストックフォトサービスの写真素材を購入するに至りました。

その際に、有料ストックフォトサービスをいくつか調べ、比較検討していたので、

  • 無料のストックフォトとの違い
  • 有料ストックフォトサービスの特徴、選び方

を私なりに記したいと思います。

これから有料ストックフォトサービスに登録すべきかお考えの方の役に立てば幸いです。

eyecatch_20180425 有料ストックフォトはどれを選ぶべき?コスパ重視のおすすめ7選

そもそも、ストックフォトとは?

question

ほしいイメージに合った写真を、自分で用意するのはなかなか大変ですよね。。

自分で撮影するなら、カメラや画像修正の技術が要りますし、カメラマンを雇うにしても、お金がかかります。

内容によっては、イメージに合うモデルさんを探してお願いしたり、お店やスタジオを借りたり、遠方まで撮影しに行ったり、天候を気にする必要もあります。

お金や技術、時間、労力、さらには運などが必要で、素人が簡単にできることではありません😭


それを解決するのがストックフォトです。

ストックフォト(Stock Photo)とは、想定されるさまざまなシチュエーションの写真をたくさんストック(蓄える)しておくことです。

そのサービスを提供しているのがストックフォトサービスで、予算に応じて、手軽に、目的に合った写真を手に入れることができます👏

ストックフォトと言っても、写真だけではありません。以下の素材を扱っているサービスもありますよ。

  • 写真
  • イラスト
  • 動画
  • 音素材 など

身近な例では、テレビや新聞、スポーツ誌や教科書などで、「映像提供:アフロ」、「写真提供:ゲッティイメージズ」という記載を見たことがあるはずです。

写真撮影が得意!という方は、ストックフォトサービスと契約することで、自分の写真をストックフォトとして販売することもできますよ。

補足

一般的に「ストックフォト」というと有料のサービスを指す場合が多く、無料のものはストックフォトとはあまり言いません。

有料サービスは登録すべき?

まずは無料の方を使ってみて!

お金を節約

ストックフォトの利用をしたい!とお考えの方、無料のストックフォトサービス(写真素材サイト)があるのはご存知ですか?

もし利用したことがなければ、有料サービスの契約をする前に、試しに無料の方を使ってみることをおすすめします。

無料のサービスでも高品質種類も豊富、かつ探しやすいサイトが存在するからです😊

eyecatch_20190301 【無料】モデルリリース取得済の人物写真素材サイト5選

なら有料はどういう場合に利用すべき?

「無料の写真があるのなら、そっちを使わなきゃソンソン!有料写真は必要ないわ!」

と思う人もきっといると思います。実際、私はケチケチ倹約家なので、これまで素材といったら無料のもの、もしくは書籍の素材集をよーく吟味して購入していました。

ですが、目当ての写真が見つからないことを期に(仕事で使うものだったので妥協もできず)、有料ストックフォトを契約することにしました。。

有料ストックフォトサービスで写真を探してみるとわかるのですが、質が無料のサービスと全く違いました!

デザインに使った時は、写真1つでこんなにも見栄えが変わってくるのか!と冗談抜きで感動しました。

(それまで良い写真を知らなかったのです…デザイナー名乗ってるのに…はずかしい…)

今思うと、「無料で我慢するのはもったいなかったな」と思っています。

もちろん、すべての素材を有料素材にすべきというわけではありません。TPOに合わせて、無料・有料を使い分けるのがベストだと思います。

ここぞ!という気合いを入れたい場面では、有料素材(特に写真!)を使うことも検討してみてください。

無料ストックフォト有料ストックフォト
品質玉石混淆高品質
素材数少なめ多い
検索機能簡易的充実
権利侵害の
リスク
あり。無保証。ゼロとは言えないが低い。
ほとんどのサービスは保証付。
与える印象
(+)
・身近
・親しみやすい
・気楽
・目を惹く
・信頼感
・きちんと感
与える印象
(-)
・ありきたり感
・安っぽい
・頼りない
・敷居が高そう
・堅苦しい
向いている
ケース
・趣味や友人、家庭内での私的利用
・地域のイベント
・社内やアパートの掲示物
・ちょっとした商品POP など
身近な人との交流や呼びかけに◎
・企業
・中~高価格帯の店舗
・銀行
・役所
・セキュリティ関係 など
お金や個人情報を扱うサービス、
信頼性が求められる内容に◎

※無料の写真であっても高品質で信頼感あるものだってありますし、有料のものでも親しみやすく信頼できるものも、イマイチ胡散臭いものもあります。キャッチコピーやデザインの仕方によっても変わります。上記は参考までに。

選ぶ際は、次に紹介するメリットもぜひご参考ください!

有料ストックフォトサービスの5つのメリット

1.クオリティが高い

写真

無料のサービスは、プロカメラマンによる写真もありますが、一般の方からの投稿による写真が多数を占めているため、品質にはばらつきがあります。

それに対して有料サービスは、品質基準の審査をクリアした厳選された写真のみが販売されているため、すべてが高品質!

しかも感動して涙が出そうなくらい、心に訴えかける魅力があります。プロの技を感じます。

モデルさんや撮影地もとても魅力的で、時勢やファッションもばっちり捉えています。

2.時短になる

時短

クオリティが高く、素材数が多いため、欲しいと思える、かつイメージに合った写真が見つかりやすいです。

検索機能も無料と比べてとても充実しています。なのでその分、時短になります☺

3.トラブルを防げて安心

トラブル対策

人物が映り込んでいる写真で、個人が特定できるものについては、本人に肖像権使用の許可(モデルリリースを取らず勝手に写真を使用すると、肖像権侵害でトラブルとなる恐れがあります。

建物やロゴマーク、キャラクターなどのアート作品が映った写真についても、素材として販売する許可(プロパティリリースを取らずに使用すれば、著作権侵害やクレームなどが発生する恐れがあります。

無料素材の場合、そういったモデルリリースやプロパティリリースが取得されているのか分からない場合があるため、商用利用する場合は、特に気を付けなければなりません。

もし何かトラブルが起きてしまった場合は、全て自己責任です。

有料サービスの多くは、モデルリリースやプロパティリリースの取得状況がはっきり明示されています。

また、PIXTAアマナイメージズなどは、権利侵害が無いことを約束して写真を提供しており、万一、権利侵害があった場合は、損害の一部または全部について、補償してくれるサービスが受けられます。

eyecatch_20190302 知らないうちに肖像権侵害の可能性も?モデルリリースの意味とは ランドマークの例 画像を撮る&使う人は知らなきゃ危険!プロパティリリースとは?

4.あまり出回っていない写真を使用できる

独占利用もできる写真

無料の素材はやはり誰でも手に入れられるため、どうしてもありきたりでインパクトが弱かったり、他と被りやすいというデメリットがあります。

有料の場合は購入が必要なため、ある程度はバッティングを防ぐことができますし、ストックフォトサービスによっては、被りにくい素材を探せるように工夫されているところもあります。

例えばPIXTAでは、検索時、未販売素材販売回数順で調べることができます。

また、アマナイメージズやアフロなどで提供されているライツマネージド(RM)と呼ばれる形式の素材は、ロイヤリティーフリー(RF)と違って独占利用ができるため、ライバル企業や同業他社など、素材がバッティングしやすい状況を避けることができます。ライツマネージド(RM)の素材の購入前に、どの団体が使っているのか使用履歴を調べることもできます。

ロイヤリティフリー(RF)とは?素材は無料?著作権フリーなの? eyecatch_20190425 ライツマネージド(RM)とは?RF素材よりなぜ高額?履歴や独占?

5.機能やサービスが充実している

充実の機能

各ストックフォトサービスによって違いますが、お金を払うからこそ受けられる嬉しいサービスもあります。

例えば、PIXTAやアマナイメージズ等では、権利侵害のトラブルがあった場合の補償サービスがあります。

アマナイメージズでは、著作権欲しいイメージの静止画や動画を無料で探してくれるフォトリサーチサービスがあります。

お気に入り登録機能や、ダウンロード履歴を確認できる機能もありますので、素材の管理にも役立ちます。

さいごに

近年は写真ブームだからでしょうか。ストックフォトを提供する写真家さん達が増えていて、ストックフォトの量は増え、値段はどんどん安く、かつ質の高い写真が増えています。嬉しいことですね!

もし気になった方は、素材を探す際に試しに1度、有料ストックフォトで検索してみてください。

無料写真とは違った、人の心に響く写真、心くすぐる写真、感動させられる写真が見つかるはずです✨

▼ 各ストックフォトサービスを比較検討したい方は、こちらの記事もどうぞ!

eyecatch_20180425 有料ストックフォトはどれを選ぶべき?コスパ重視のおすすめ7選

この記事で使用した素材

  • アイキャッチ画像:Photo by rawpixel on Unsplash
  • 挿絵:unDraw

※素材を使用する際は、素材配布サイトの利用規約をよく読み、ルールを守って使用しましょう!

素材サイトの利用規約で最低限チェックすべき注意点5つ

お探しの疑問は解決できましたか???
解決できた記事には、ぜひハートボタンのクリックにご協力ください (‘ω’)ノポチ

3+