画像をサクッと圧縮し軽量化できるオンラインツールを使ってみた

eyecatch_20190429

1+

Webサイトやメールなどに画像をアップロードする時、画像データが大きいと画像の読み込みに時間がかかっちゃうんですよね😭

そうなると、受け手によっては「イライラ…」「遅いから見るのやめよ…」となってしまうかも。

今回は、そんな問題をお手軽に解決してくれるオンラインツール「Media4xをご紹介します!

ゾウのマークのオンライン圧縮ツール(Media4x)

オンライン圧縮ツールのスクリーンショット

正式な名称がわからないのですが、Media4xから提供されている、ゾウのマークのオンライン圧縮ツールを紹介します。

PNGイメージをオンラインで圧縮する

圧縮可能なファイル形式

圧縮できるファイル形式は次のとおりです。

  • PNG
  • JPG
  • PDF

上記URLは「PNG圧縮」ですが、サイト内にあるタブを切り替えることで、JPGやPDFファイルの圧縮もできます。

▼SVG形式も圧縮したい場合は、こちらのツールがおすすめです。

SVG画像も圧縮し軽量化できるオンラインツール『Recompressor』

使い方

使い方は、サイトに書かれているとおりで、まったく難しくありません!ので、説明は省きます!笑

14の言語に対応していて、もちろん日本語表示にもできます。言語が合っていないときは、上部のプルダウンから切り替えてみてくださいね。

画像をアップロードするだけで面倒な手間もなく、きれいな画質を保ったまま圧縮(軽量化)できます!


圧縮が終わったら、通常はそのままダウンロードでOKだと思うんですが、

圧縮前後の画質変化を比較したい!」

「画質は落ちてもいいから、もっと圧縮率を高めたい!」

という要望もこのツール上で叶えられます😊

やり方はサイトに書かれているので省略します。

下記のような感じで、スライダーを下へ下げると色数を減らすことができます。色数が少なく単純な画像ほど、画像サイズは小さくなります。逆に、色数が多く複雑な画像ほど、サイズが大きくなります。

色数を減らした様子

色数を減らしても、また違った印象になっておもしろい!

サイズ圧縮のためには、画像形式に気を配るのもコツ!

このツールを使っていて、極端に画質が変わってしまったことは今までありませんが、

「画像圧縮したら色が変わった!」

「なんかガサガサしてる…」

という場合もあるかと思います。

気にならなければそれで良いのですが、きれいな画質を保ったまま、サイズを縮小したい場合は、適切な画像形式を使うことも意識してみてください!

画像形式の選び方次第で、劣化を抑えることもできるんです。

詳しくは、下記の記事で紹介しています!ぜひ読んでみてください。

赤の色域が劣化する例 用途に応じて使い分けたい!画像拡張子の種類とその違い

さいごに

さいごに

画像圧縮は、通常はアドビのPhotoshopなんかをいちいち立ち上げて設定するんですが、こんなふうにオンライン上で複数枚まとめてできると、作業効率もアップできますね!

EvernoteやGoogle Driveなどのクラウドストレージ容量を節約したい人にもお勧めです。

ぜひ1度使ってみてはいかがでしょうか😊

この記事で使用した素材

※素材を使用する際は、素材配布サイトの利用規約をよく読み、ルールを守って使用しましょう!

素材サイトの利用規約で最低限チェックすべき注意点5つ
お探しの疑問は解決できましたか???
解決できた記事には、ぜひハートボタンのクリックにご協力ください (‘ω’)ノポチ
1+